背中脱毛サロン完全ガイド(*´∀`*)これであなたも背中美人 > 家庭での脱毛 > 除毛クリームでの脱毛と自分でできる他の脱毛方法

除毛クリームでの脱毛と自分でできる他の脱毛方法

除毛クリームでの脱毛は、クリームを厚めに塗ってしばらく置くだけなので手軽です。

見ていると、太かったムダ毛がどんどん細くなっていき、細い縮れ毛のようになっていきます。ムダ毛が溶けていくというのがわかります。

毛が溶けていくことで満足感は味わえますが、毛が溶けるということは肌への影響もあるはずです。

除毛クリームの効果は、表面のムダ毛だけを取り除くので、抜く脱毛ほどの持続日数はありません。個人差はありますが、2~3週間ほどです。処理後の肌はスベスベになりますし、すぐに処理ができるというのが大きなメリットです。

カミソリでのムダ毛処理も、除毛クリームによる処理と効果も持続日数も似ています。処理後の肌はデリケートになっていますので、いつも使っている化粧水で肌を整えるくらいにしておきましょう。

脱毛テープでの脱毛処理は、一気にテープでベリっと引き剥がせるので、満足感は大きいでしょう。剥がしたテープに大量のムダ毛が付いているのを見ると、もっと他のところも脱毛しようという気持ちになったりもします。処理後はスベスベの肌になりとても綺麗なのですが、毛根の一部をムダ毛と一緒に抜いてしまうことで、一つの毛穴から何本もの毛が生えたり、毛嚢炎や埋没毛になることもあります。

af9970047596

毛抜きでの脱毛は、肌へのダメージが大きいのでお勧めできません。他の脱毛方法で処理した後で、残っているムダ毛の何本かを抜くというように使うのがベストです。毛抜きでの脱毛は、肌と肌の内部までも傷つけてしまいます。一部の毛根が残ることによって毛嚢炎になったり、ひとつの毛穴から何本もの毛が生えてきたりすることもあります。繰り返すことによって、色素が沈着して黒ずんだり、ブツブツのチキン肌になってしまうので、避けたほうがいい脱毛法です。

シェーバーでの脱毛法は、肌をこすることでのダメージはありますが、深刻な肌トラブルは特にありません。表面のムダ毛のみの処理なので、頻繁に処理しなければならないのがネックですね。